手術費用の集める3つの一般的な方法

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

「手術はしたいのですが、お金がまだ貯まっていないので…」
このようなお話をよく耳にします。
手術を受けるための資金の作り方は人それぞれですが、参考までに下記で3つの方法をお伝えしておきます。

1、 定額預金をする

ただ貯金をするだけでは、何か誘惑があった時に使ってしまう人がほとんどかと思います。
銀行ごとに“定額預金”というサービスがあるのをご存知でしょうか。
これは月に一度、預金から定額分が引き落としされ、自由には使うことが出来ない枠に預けることが出来ます。1つの口座の中に2つのお財布があり、1つは自由に使えるお財布。もう1つは簡単には開けることの出来ないお財布、というイメージです。

手術費用は少ない額ではないはずです。従って、貯金する期間も短くはありません。そういう中でも、自動的に使わないお財布に毎月定額のお金を貯金することが出来て、別口座に振り込むという手間もかかりません。

日本の銀行の預入金利はかなり低く、“預金に置いておくだけでお金が増える“ことはほぼ有り得ないでしょう。しかしながら、手軽に貯金を進めることができるという利点はオススメできる点です。

2、 銀行から借りる

どうしても貯金をすることが出来ない!という方は借りるしかありません。
「借金なんてかっこ悪い」という方もいるかも知れませんが、その考え方はやめましょう。まず、お金を借りる際に銀行が借りる人間を審査します。その審査は比較的しっかりと過去の返済歴などをチェックされたのちに結果を出されます。なので、返済能力がない方にはそもそもお金は貸してもらえません。借りることができるというのは、返済能力・責任能力・人間的信頼がしっかりあると認められているからなのです。

ですが借りた額によって、金利も違ってきます。
借りた額が大きければ大きいほど、金利は小さくなります。借りた額が小さいほど、金利は大きくなります。(法律上最大でも18%までと決まっています。)
また金融機関によって、お金を借りる際に選ぶローンの種類によっても金利は変わり、一定ではないので、しっかりと調べて比較することが損をしない方法になりそうです。

3、 消費者金融から借りる

安心してください。闇金とはまた違います。

有名なところをあげると、
・新生銀行レイク
・アコム
・プロミス
・モビット
上記4社はいずれもCMや電車等の広告にも放映・掲載されている大手消費者金融です。
いずれも大元は大手銀行のようですが、銀行で融資を受けるよりも審査は緩いようです。

闇金ではないので違法ではないですが、どこの会社も利息は18%と少し高め。返済時の金額で生活が滞ってしまわないように、しっかりと先のことを考えてから借りるようにすれば怖いこともありません。

どんな人でも、一瞬で思い通りに大金を手に入れることはできません。
「貯金できないって…ちょっと普段の我慢が足りないよね」
このように言われがちですが、貯金は日ごろ使えるはずだったお金を未来に投資しているので、今の生活が最大限なのか?という問いには、イエスと答えられないかもしれません。

借金は未来に使えるはずだったお金を今手にすることが出来ますが、利息という形で本来よりも少し多いお金を使わなければいけなくなります。

どちらのメリットもデメリットも紙一重と言えるのではないでしょうか。
お金の使い方は、使う本人の自由です。良い悪いという世間体にとらわれることなく、必要性に応じて臨機応変な対応ができるようになれば良いですね。

関連記事

  1. カミングアウトを数倍階簡単にするネガティブ思考の活用方法

  2. 男らしさを身につけるために!最適なトレーニング方法を探す前に知っておきたいこと

  3. “小柄でもオシャレがしたい。”を本気で応援してくれる厳選お手軽ファッションサイト

  4. 更年期障害?SRS後の体調不良の原因はホルモンバランスにあった!

  5. ホルモン投与がこわい?

  6. 手術の時!3つの要点を守ってあなたにピッタリなサポート会社を選ぼう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。